プレス加工の紹介

プレス板金加工

プレス板金加工とは、プレスマシンと呼ばれ強圧をかける機械にプレス金型を取り付け、金属などの材料を強圧し、せん断・曲げ・成形・絞り・鍛造などの成形を施す加工法です。それによってできた製品がプレス加工製品となります。プレス加工は薄い板材加工に適し、大量生産向きの生産方法として知られています。例を挙げると、パソコンの内部部品、自動車のボディ、お鍋などのキッチン用品、テレビやエアコンなどの電化製品の内部部品など、平らな板などが形になった部品がプレス製品で、日常生活の中でもよくみられます。

 

プレス加工設備

プレス加工材質について

当社では一般鋼材はもちろん、ステンレス・伸銅品(黄銅・銅・リン青銅など)・アルミニウムなどの非鉄金属材料のプレス板金加工を得意としております。
また、チタン材やパーマロイ材・樹脂・その他特殊鋼にも対応しております。

高精度複雑プレス加工にも対応

サーボプレス機「AIDA ダイレクトサーボフォーマ NS1-2000D」を導入し、より高精度で複雑な形状の製品のご提供を実現しています。

プレス加工技術の紹介

打ち抜き加工

プレス加工機に取り付けた上刃・下刃の二枚の刃をはさみのようにスライドさせ、部材を必要な形状に切り出す加工方法です。

曲げ・成形加工

プレス機にセットした板材をパンチで押して、任意の形状に変形させる加工方法です。板材の諸条件によって仕上がりが異なるため、長年の勘と職人の技が要求されます。

絞り加工

薄い板材に金型を押し当て、材料を周りから中央に寄せて立体の形状に変形させます。たとえば、アルミ缶などの容器を成形する加工で、しわや歪み、割れなどがでないよう、細心の注意と高度な技術が伴う加工です。

 

プレス加工品サンプル1
プレス加工品サンプル2
プレス加工品サンプル3
プレス加工品サンプル4
プレス加工品サンプル5
プレス加工風景2
プレス加工風景3

小ロットからの板金溶接加工にも対応

板金加工

弊社では、プレス金型を製作する技術を応用してベンダー(プレスブレーキ)用の金型を製作し、加工を行うことができるため、複雑な形状の製品であっても短納期で製作することが可能です。

溶接加工

弊社では、TIG溶接・MIG溶接・半自動溶接をメインに取り扱っており、鋼材はもちろん、ステンレス、アルミ等の溶接も行っております。